不味い うどん

 何気なくテレビを見ていると飲食店を紹介する番組を見てそんなに美味しいのなら身近に行けそうな
 所なら 行ってみようと思いますよね
 麺類ならラーメン・蕎麦党だったので関東にいる頃はそば屋さんによく行きました
 うどんを食べるようになってからのこと、何年も前のこと民放テレビで紹介された京都の北部で
 開業されたうどん店に行ってみたところ辺鄙な田園の中なのに人が溢れているいるじゃないですか
 テレビの力の凄さに驚くばかりです

 そのうどんを見て?食べてびっくりの不味さ、同じように遠くから来た人もガッカリだったでしょう
 番組のディレクター 貴方も食べたのですかと言いたいです
 また店内で値段をつけて売っている野菜は収穫時捨てている、とても食べれる代物でないのにビックリ

 まずい、うどんは本場讃岐でも老舗の有名店で、一緒に食べた相方は一口食べて、残し店を出ました

 まだ、不味いうどんの記憶が、子供のころ、子供の遊び場の焼け跡の広場で友達を見かけれず
 目の前にあった新しいうどん屋に入り注文の応対は少し年上の女の子
 あまりにも時間がかかるので、店の奥を覗くと小さい鍋がガス代に
 やっとの、うどんは薬味もなく、真っ黒くろすけ、出てきたどんぶりの中  
 どうも醤油を薄めて煮たよう  こんな うどんを食べた人いますか
 後日聞いたところ夜泣きうどん(そば)の笛の練習をしていたところ人が集まってきたので
 屋台のうどん屋で儲けて店を出したところ客が来ず、夫婦共働いていたようです

 朝ドラのこの本には自信と責任をもって発信しているように思います
 f0373560_22433577.jpg

[PR]
by menkoitei | 2016-09-07 22:48 | シニア日記 | Comments(0)
<<   いちじくジャム トマトソース 作り >>